忍者ブログ

たむらぱんに救われた日々・JPOPワールド

たむらぱん ゆず AKBグループ 元気をくれるJPOP歌手を応援するブログでーす!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

たむらぱん、ラジオ聞き書き(2)暴かれる音楽性の秘密・・・




たむらぱんがJ-WAVEのネットラジオ放送した内容の続きです。吟じますっ。

”この放送、世界に流れてるんですよねー、地球の反対側ブラジルのサンパウロの人ーっ、聞いてるー”

と世界に呼びかけたたむらぱんちゃんですが、話題は出身地へ

「私、たむらぱんは岐阜県飛騨高山出身で、そのころはなーんにも無いところでしたね。
フツーに小中高大学と出て、なんで大学いったのかというと、人生のレールという物を味わってみたかったんですが、生徒会とか学級委員とかをやりながら過ごしました・・・」

で、音楽の趣味に話は移ります。
彼女の音楽性ってスンゴイですよね、わたしがあまり詳しくも無いからだけど、どこまでが楽器で、どこまでが打ち込みなのかわからないくらいスムーズに溶け合って、しんみりピアノで聞かせるフレーズと、ギターでグィングィンくるフレーズが同じ曲で共生してて、で、そこに、「たむらワールド」の歌詞がのっかってるから、やっぱ、心にひっかかるんだよねーっっ。
おっと、ニセ渋谷陽一(フルっ)みたいになってしまった。

とにかく音楽の趣味の変遷を聞くとなんとなく納得するのでした。↓

”音楽は、小学校の頃はまだ自分での好みもなく、父から「南こうせつ」、兄から「X JAPAN」、姉からは「尾崎豊」を学びました。
高校で自我に目覚め、JUDY AND MARY 、きろろ、ディープパーポー、MrBIG、などなどに傾倒・・・”

「この頃はリズム隊にすごくこっていて、ドラムとかベースとかね。
ブラックミュージックが好きになって、マリナショー、アレサフランクリンとか好きでした。」

「はじめて曲を作ったのは大学生の時で、仕事もぼちぼち探してました。レコード会社の募集に応募したりしてました。」

で、ここでユニコーンの「大迷惑」が流れました♪♪

彼女、奥田民生をソロで聞くまでは、ユニコーンって知らなかったそうです。特にこの曲からは、PVでオーケストラの指揮をするなど、当時としては斬新な発想で、時代を先取りする一足お先のパワーを感じたとか。

ふー、と、ここまでで・・・。また次に続きます。

勝手に書いてていうのもなんですが、できれば多くのみなさまに読んでもらいたので、ブログランキン’とかブログ村に通っています。ワンツー、クリック!してやってください。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 芸能一般情報へ。
よろしくーっ!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

スポンサーからのお知らせ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

[05/28 風のふじ丸]
[03/14 黒]
[03/12 黒]
[01/19 風のふじ丸]

プロフィール

HN:
風のふじ丸
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索